注射 2014-11-11

毎度、ごぶさたでございます。今日はポッキー&プリッツの日。
麺の日。サッカーの日!第一次世界大戦停戦記念日...もういいか。

 

さて、11月も中旬に差し掛かりましたね。そろそろインフルエンザが
猛威を振るう季節に突入してまいりました。

 

私は一昨年から予防接種を受けるようにしており、今のところ直近
2シーズンは勝利を収めております。今年もそろそろ行かないと。

 

今日ランチに行ったお店の馴染みの店員さんもそうだったんですが、
インフルエンザの予防接種について、身近で耳にする間違った認識が
結構蔓延っているので、どなたかの役に立てればと、ちょっとだけ
余計なお節介のマメ知識。あくまで素人の知識なので、正しい知識や
正確な情報は、医者に聞くか、自分で医者になってくれ(笑)

 

まず予防接種ですが、これを受けると感染しない、又は感染しても
重篤な症状にならない。と思ってる人が多いようですが、半分正解、
半分間違いです。

 

インフルエンザ予防接種は、感染しないことには全く寄与しません。
体内に抗体をつくり、あくまで感染時の症状緩和のみ。予防接種は
体内に侵入したインフルエンザ・ウィルスの増殖を抑える効果は
1㎜もありません。多分。

 

なので、ちょっと風邪っぽい時とかは、実は非常~に軽度に感染
してる場合があるのでご注意を。何をご注意?まき散らしですな。

 

次に、接種時期と効果の期間ですが、注射を打ったらすぐに無敵!
みたいな人が多いですが、そんなの映画やアニメじゃないんだから
あるわけないでしょ(笑)すぐに効くものは大抵すぐに切れます。

 

インフルエンザの場合、ワクチンの接種後1~4週間かけて体内で
抗体が完成します。なので効果が出るまでだいたい2週間くらいと
思っておけばよいでしょう。

 

で、効いてる期間ですが、MAXで5ヶ月がいいろころ。こちらは
だいたい4ヶ月弱くらいと思っておけば良いでしょう。

 

インフルエンザが流行るのが12月~3月くらいなのを考えると
11月中旬~下旬に摂取するのが一番適切でしょうかね。

 

ついでに、咳やクシャミをする時に、ほとんどの人が「手」で
口を覆います。まぁ、悪くはないのですが、その手でいろいろ
触るでしょ?絶対に自分しか触らない物、且つ普段は密閉してる
物以外触らないってなら心配無用ですが、ファイルやら電話やら
ドアノブやら、ね。

 

というコトで、咳やクシャミをする時は、本当なら肘の内側等が
かなりまき散らしを食い止められるんだけど、そこは洗うのも
大変なので、手首のあたりにしときましょう。

 

で、手と手首をちゃんと洗う。そしてウガイも。普段の食生活や
運動などでの体力作りも、免疫力や回復力に大きく影響します。

 

経営者としては、従業員に休まれるのも、感染者が無理して
出社してまき散らすのも、どちらもとても困るコト。そして
それ以上に、大好きで大切な人たちが心身の不調で苦しむのは
何よりもツライこと。

 

みんなで正しく予防して、元気に頑張りましょ♪
以上、余計なお節介でした~

 

 

 

株式会社BREASTO、設立7年まであと「591日」

 

 

日々是好日。感謝!


ブログTOPへ戻る